霊能力と超能力28

雨乞いの秘法

27回で真言密教の祈雨について書いた。

祈雨の修法は真言宗の開祖・空海神泉苑で披露した呪術である。

 

この雨乞いの法ができるという真言宗の僧が最近までいたというので、まだそういう人がいるのかとあきれてしまった。平安時代ならともかく、昭和になってもそういう人がいるとは想像もしていなかったからだ。

 

このエピソードは司馬遼太郎のエッセイ「京の亡霊」に出てくる(『司馬遼太郎が考えたこと2』)。

京都の東山に智積院というお寺がある。天井が高い大きな寺である。幕末期には7卿都落ちの舞台となった真言宗の寺である。

 

この寺に菊入頓如という僧がいた。司馬遼太郎とは旧知の仲だった。

司馬遼太郎は戦後、京都で産経新聞社に勤めていたが、その時に宗教界と大学を受け持っていたのだ。

 

この頓如さんは雨乞いの秘法を知っている唯一の人だと他の僧から言われた司馬遼太郎は、思わず「本当ですか」と懐疑的な言葉をはさんでしまった。

それに気を悪くした僧は、明日、雨を降らせてやるから注意して見ていろと捨て台詞を吐いた。

翌日、小雨が降ったそうだ。もっとも新聞ではその日の天気予報は雨だったそうだ。

 

昭和になってもまだ真言宗の僧は空海の伝統を守っていたのである。

司馬遼太郎の言わんとした「京の亡霊」とは空海の呪術がまだ戦後になっても生きていたということだった。

 

頓如さんが行を積んだ本物の霊能者なら雨を降らせることもできただろうが、残念ながらそれを調べることはさすがに調べ魔の司馬遼太郎も思いつかなかったようだ。

 

司馬遼太郎は近代的な史観の持ち主だと見られており、宗教には関心がなかったと思われがちだが、そうではない。小説では宗教はほとんど書いていないが、経歴から分かるように、意外と関心が深かった。

その関心はこのような短いエッセイに時々書き留められている。