読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊能力と超能力21

日本会議

 

神社の参り方について何度か取り上げましたが、神社についてあることに気が付きましたので、霊能力とは関係がありませんが書いておきます。

 

最近、日本会議に関する本が何冊か立て続けに出版されました。

日本会議のことは全く知りませんでしたので、いずれどれか一冊を読んでみようと思っていましたら、朝日新聞で2回にわたって取り上げていましたのでアウトラインがほんのわずか掴めました。

 

びっくりしたのは、支持団体に神道政治連盟が含まれていたことでした。

 

宗教団体が政治に関与することは、創価学会公明党を始めとしていくつもの例がありますので、さほど珍しいことではありません。最近では幸福の科学が派手にやっています。

しかし、これらの宗教団体はいずれも仏教系で、神道系ですと、大本教から派生した成長の家がかつて政治家を送り込んでいたことぐらいでしょうか。

 

神道政治連盟が存在することも朝日新聞の記事で初めて知りましたが、神道はやはり右翼なのですかね。右翼というと語弊がありますが、右なのですかね。

 

古代、日本は政治とまつりごとが同じだったので、神道が政治に容喙しても日本では何ら不思議ではありません。

しかし、私は明治以後の日本の起こした対外的な戦争のことを考えると、宗教が政治に関与することは危険なことだと思うのです。

 

宗教と政治は分離し、互いに関与せず独立していることが一番望ましい形ではないのでしょうか。

政治に首を突っ込むとたいていろくなことないですから。

 

それにしても神社の信者が票集めに動いており、それが有力な票になるとは初耳でした。

これじゃ創価学会と同じじゃないですか。神様が政治に関われとでも言われたのですかね。

 

私は戦中派ではありませんが、最近、日本は右志向が強く出ていると感じます。危険な兆候です。

右が強くなるとろくなことが起きないことは歴史を見ると明らかです。