読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊能力と超能力14

霊能力と人助け

 

前回、中村天風の人助けを取り上げましたが、本当の霊能力が備わると人助けができるようになります。

 

人助けとは具体的にはどのようなことでしょうか。

例えば、病気直し、人生の苦境や経済的な困窮を救うために助言ができるなどは典型的な例ですね。

 

病気直しはキリストが有名です。キリストは神通力というか、霊能力と同じ能力があったと私は思っています。

新約聖書」の4つの福音書を読むと、病気直しの例がたくさん出てきます。

 

キリストの場合、その大半が悪霊を追い払うことによる病気直しです。らい病の患者を治したり、足萎えの人を歩けるようにしたり、盲人の目が見えるようにしたりという、心霊治療的な病気直しが比較的少ないのが特徴です。

キリストの時代は皮膚病と目の悪い人が多かったのでしょう。聖書にはこういった患者がたくさん出てきます。生活環境が砂漠地帯だったことや衛生状態がよくなかったことがその原因でしょう。

 

聖書を読むと、キリストは本当にこのような病気直しができたのか信じられないと多くの人は思うようです。そのために実在しなかったと考えている人も多くいます。

私も最初は聖書の話は嘘だろうと考えていましたが、その奇蹟を調べた結果、キリストは実在しえたと考えるようになりました。

 

その一例として、本当にキリストは盲人の治療ができたのか考えてみましょう。

その可能性がありえたことは、他の霊能者の例を調べると分かります。他にもそのようなことができる霊能者がいればキリストもできただろうという推測が成り立ちます。

 

私の知っていた霊能者は、若いころに目の悪い人の目が見えるようにできたと言っていました。患者の存在も分かっていますので本当だと思います。

また東京の吉祥寺にある玉光神社の教祖、故本山キヌエ師も若いころ、小豆島で盲人の目が見えるようにしたという記録が残っています。本山が気合を込めると、盲人の目から血膿がドサッと出たそうです。

 

このような証言から、私はキリストも盲人の治療ができただろうと考えています。

古代は医療が発達していませんでしたので、キリストの能力は非常に注目されりがたがられたことでしょう。

当時はもちろん白内障の手術などできなかったわけですから、白内障が始まると盲人になることは既定の事実だったのです。目が悪い人は今よりもさらに多かったことでしょう。

 

キリストは病気を治すことができる奇蹟の聖者として崇拝され、多くの信者を集めたに違いありません。

信者を集めるためには優れた霊能力が大きな効果を生んだのです。