霊能力と超能力28

雨乞いの秘法 27回で真言密教の祈雨について書いた。 祈雨の修法は真言宗の開祖・空海が神泉苑で披露した呪術である。 この雨乞いの法ができるという真言宗の僧が最近までいたというので、まだそういう人がいるのかとあきれてしまった。平安時代ならともかく…

霊能力と超能力27

祈雨 書店で本を物色していたら、『祈雨・宝珠・龍』という本を見つけた。著者はスティーヴン・トレイソンである。 パラパラと本を覗いてみて、興味を抱いたので購入しようかと思ったが、高かったのでやめた。どこか図書館で探してみよう。 本を見て、外国人…

霊能力と超能力26

余談 柳田國男の故郷 24回の先祖霊の話で柳田國男の『先祖の話』を引用しました。 その柳田國男について個人的な思い出があります。 柳田は兵庫県の神崎郡福崎町の出身です。いわゆる播州と言われている地域で、播州平野のど真ん中です。 私がそのことを知っ…

霊能力と超能力25

靖国神社 今年も8月15日がやってきた。 といっても私は戦後の生まれなので、終戦を経験したわけではない。 終戦といえば思い出すのが靖国神社である。 私が靖国神社に関心を持つようになったのは、維新の歴史と戦前の昭和の歴史を調べていた時だった。 靖国…

霊能力と超能力24

余談 お盆と先祖霊 お盆になった。 私もお墓参りに出かける。実家はかなり離れた町にあるので、電車に乗って出かけなければならない。 最近は実家に住んでいる人が少なくなったので、お墓参りに出かけられない人が増えており、お墓の後始末といったことも問…

霊能力と超能力23

神社と霊能者 神社について何回か書きましたので、最後に神社には本当に神様がおられるのかについて私の体験を書きます。 私はある霊能者に出会うまで神様はいないと思っていました。 これでもかつてはインテリの端くれでしたので(今はただのおじさんです)…

霊能力と超能力22

再びスピ馬鹿について 19回でスピリチュアル馬鹿について書いたが、再び取り上げる。 最近、『京都でひっそりスピリチュアル』という本が出た。 本は読んでいないが、新聞で広告を見て、またひとり馬鹿が現れたと思った。 私はスピリチュアル馬鹿を省略して…

霊能力と超能力21

日本会議 神社の参り方について何度か取り上げましたが、神社についてあることに気が付きましたので、霊能力とは関係がありませんが書いておきます。 最近、日本会議に関する本が何冊か立て続けに出版されました。 日本会議のことは全く知りませんでしたので…

霊能力と超能力20

神社の参り方 最近、神社が注目されているようだ。 雑誌でも何度か特集が組まれたし、本も出ている。 中には『成功している人はなぜ神社に行くのか』といった本も出ている。読んでないから内容は分からないが、神社に行ったからといって成功するわけではない…

霊能力と超能力19

スピリチュアル馬鹿 10日ほど前、ヤクルトスワローズの由規投手が長いケガから数年ぶりに一軍に復帰して勝利投手になった。 この記事を新聞で読んだとき、あることを思い出した。 今年の初めだったと思うが、あるスポーツ新聞にこの人の談話が載っていた。私…

霊能力と超能力18

手かざし 前回、キリストが手を触れることで病気を治したことを取り上げました。 このことと関連して思い出したことがあります。 霊能者の中には相手の体に手を触れると体の悪いところが分かる人がいます。手が何かを感じるようです。 またこのことから手か…

霊能力と超能力17

病気直しと触れること キリストの病気直しの特徴のひとつは、キリストが病者に触れることで病気が治るということでしょう。 その病者の中にライ病者がいました。ライ病は今日ではハンセン病と呼ばれています。 キリストの時代、ライ病は不治の病であり、神々…

霊能力と超能力16

西洋の悪霊 前回キリストの病気直しの一例として悪霊払いを取り上げましたが、西洋の悪霊について少しコメントします。 悪霊は「あくりょう」と読みます。英語ではevil spiritです。 日本ではなぜか悪霊とは言いません。悪い霊といいます。evil spritも悪い…

霊能力と超能力15

キリストの病気直し 前回キリストの人助けは病気直しが主だったことを書きました。 そして心霊治療は少なく、悪霊を払う治療が多かったことも指摘しました。 悪霊を払う治療は、除霊と似ています。 除霊によって病気が治ることは私も実際見聞しました。祀ら…

霊能力と超能力14

霊能力と人助け 前回、中村天風の人助けを取り上げましたが、本当の霊能力が備わると人助けができるようになります。 人助けとは具体的にはどのようなことでしょうか。 例えば、病気直し、人生の苦境や経済的な困窮を救うために助言ができるなどは典型的な例…

霊能力と超能力13

中村天風の一念発起 中村天風の生涯については、おおいみつるさんが3冊の本を書いています。しかし、これらの本を通読しても出てこない時期があります。 例えば、中村はインドの帰りに中国に立ち寄り、孫文に会って何か活動して大金を手に入れて日本に帰って…

霊能力と超能力11

中村天風と虎 中村天風は驚くような逸話の持ち主です。 インドから帰国して後のことでした。 ある人から虎が入っている檻に入ってみろと言われたのです。 すると中村は平然として檻に自ら入りました。檻に入ると虎の傍に座りました。虎は中村がいても全く無…

霊能力と超能力11

中村天風は弾が当たらなかった 中村天風の本には変な話がよく出てきます。 次の話もそうでした。最初、何のことかさっぱり分かりませんでした。 中村はある時、さる筋の大物に頼まれて、茨城県だったかの炭鉱争議の仲裁に出かけます。 この争議はやくざがら…

霊能力と超能力10

中村天風の予言 6から8で予言について書きましたが、中村天風も予言の能力があったようです。 ある本で、ある人にある商売をうまくいくからやりなさいと薦め、その人がその言葉を信じてやってみるとうまくいったということが書かれていました。 最初は変な…

霊能力と超能力9

中村天風の胎児判別 松原照子さんの本のことから脇にそれましたので、第1回の中村天風のことに戻ります。 中村天風は本では自分のことを霊能者とか超能力者と書いていませんので、私は長い間、この人にそのような能力があると気が付きませんでした。 しかし…

霊能力と超能力8

江原啓之の予言 最近、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの奥さんが乳がんだということが芸能ニュースで流れました。 私は芸能界にはほとんど関心がないのですが、市川海老蔵のニュースにはつい注目してしまします。 というのは、江原啓之の霊能力について調べてい…

霊能力と超能力7

大災害の予言 前回、松原照子の大災害の予言について少し触れましたが、大災害の予言が当たったといって騒いでいる人は信用しないほうが無難です。 予言が当たったと言って自己宣伝する人はたいてい有名になりたい、それによってお金儲けがしたいという下心…

霊能力と超能力6

またいかがわしげな本が出た 2016年7月6日の朝日新聞に『聞いてビックリ「あの世」の仕組み」』という本の広告が大きく出ていた。 また江原啓之がいかがわしい本を出したのかと一瞬うんざりしたが、写真を見ると江原ではなく女性だった。松原照子という人だ…

霊能力と超能力5

中村天風の電話 中村天風は本では自分のことを霊能者だと書いていませんでしたので、私は長い間、中村が霊能者だと気が付きませんでした。 しかし、本を読んでいると、どうもこの人は私のような人間とは違う、特殊能力の持ち主だと思うようになりました。 例…

霊能力と超能力4

中村天風はなぜ治癒したか? 中村天風はネパールのヒマラヤの山麓までカリアッパ師についてゆきます。 師が病気が治ると言ったので、その言葉を信じたのでした。世界中の医者に治らないと言われたので、どうせ死ぬのなら何をやっても同じだと思っていたのか…

霊能力と超能力3

カリアッパ師の霊能力 カリアッパ師は中近東の港で不治の病に冒されていた中村天風の病名を即座に言い当てました。 私は最初どうしてこのようなことができるのだろうかと不思議に思いました。長らくその意味が分かりませんでした。 その後、霊能力について調…

霊能力と超能力2

中村天風とカリアッパ師2 中村天風は中近東の港でカリアッパ師という得体のしれない人物に自分の病状を言い当てられて、そのあとをついていきます。今日のイランなどの地域を横断し、ネパールの山麓の小村にたどり着きます。 カリアッパ師は馬に乗っていま…

霊能力と超能力

中村天風の不思議な能力 内藤です。ブログ始めます。 テーマは霊能力と超能力です。 私は20年ほど前からこの不思議な能力に関心を持って調べています。 私がこの能力に関心を持った直接の原因は、ある霊能者に出会ったことでした。 しかしそれ以前に私はこの…